Pipedriveによるキャンペーン

Last updated on February 16, 2022

※注意:Pipedriveによるキャンペーンは現在、クローズドなユーザーグループに提供されており、後日、有料アドオンとしてより多くのユーザーにリリースされる予定です。

 

Pipedriveによるキャンペーンでは、美しいメールコミュニケーションの作成、顧客とのエンゲージメント、すべてのデータの管理を直接Pipedriveアカウントで行うことができます。面倒なインポートやエクスポート、他のツールとの統合は不要で、販売とマーケティングのデータをすべて一箇所で扱うことができます。

始める前に、メール配信のコンプライアンスに関する法律を頭に入れておくことが重要です。電子メール通信を受信するには、顧客は最初にオプトインするか、サブスクライブする必要があります。

 

■顧客を登録する キャンペーンツールを使用すると、Pipedriveの顧客にキャンペーンを送信し、すべての販売およびマーケティング情報を連絡先の詳細ビューに保持できます。 キャンペーンを正常に受信するには、連絡先のマーケティングステータスフィールドにサブスクライブステータスが必要です。これは、顧客があなたの電子メール通信の受信を選択したことを意味します。このステータスがないと、合法的にメールの送信を開始できません。 マーケティングステータスは、連絡先の詳細ビューまたはリストビューで表示および更新できます。

Pipedriveに直接連絡先を追加する際や、スプレッドシートから連絡先をインポートする際に、マーケティングステータスを含めることができます。

Webフォームを使用している場合、Webフォームエディタから直接連絡先を登録することも可能です。[フィールドの編集]ブロックに、さまざまなフィールドのドロップダウンが表示されます。マーケティングステータスを選択すると、同意書が自動的に入力されます。 これにより、ユーザーはWebフォームで自分の情報をマーケティング目的で使用することに直接同意でき、Pipedriveのマーケティングステータスは自動的に更新されます。

 

■アカウントの設定 ※注意:キャンペーンのアカウントは、1社につき1人の管理者ユーザーしか設定することができません。 メール配信ルールの法律に準拠するため、会社の物理的な住所を確認する必要があります。請求先情報に記載されている住所が自動的に入力されますが、後からいつでも変更することが可能です。 GDPRに準拠するためには、すべてのメールキャンペーンの下部に、閲覧者がメール配信を停止することができる配信停止フッターを設置する必要があります。

アカウント設定は、「キャンペーン」>「設定」から行ってください。

また、送信者の名前と電子メールアドレスを確認して、顧客が電子メールの送信元を認識できるようにする必要があります。

 

■キャンペーンの送信を開始する ※注意:サービス品質維持の一環として、企業アカウントの確認作業を行うため、キャンペーンを一時停止することがあります。このプロセスが発生するタイミングと理由については、こちらをご覧ください。 お客様の購読が完了し、アカウントの設定が完了したら、キャンペーンの配信を開始することができます。また、テンプレートを作成して、今後のキャンペーンに再利用することも可能です。

最初のキャンペーンは、「キャンペーン」>「メールキャンペーン」>「+キャンペーン」から作成することができます。

 

■キャンペーンの監視 キャンペーンを送信した後、送信したキャンペーンを選択すると、そのキャンペーンの概要と受信者ページで簡単にパフォーマンスを監視することができます。ここで追跡できるのは下記です。 ・エンゲージメント 開封数、クリック数、開封率、クリック率、クリックスルー率 ・配信 配信成功率(配信成功、バウンス、配信停止、迷惑メール報告) ・時間の経過に伴うパフォーマンス 時間または日ごとの時間の経過に伴うパフォーマンス ・リンクパフォーマンス メールに埋め込まれたリンクのパフォーマンス ・トップロケーションのパフォーマンス 国別のメールパフォーマンス ・受信者 どのコンタクトがどのようにキャンペーンに関与したのか。

このデータを使用すると、セグメンテーションとキャンペーンを改善できるだけでなく、どの連絡先が電子メール通信からバウンスまたは購読解除されたかを追跡するのに役立ちます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩