インポート時の重複を回避する方法

同じ名前の人物コンタクトがある可能性は常にあります。 Pipedriveでインポートを実行すると、Pipedriveが重複を認識してマージするかどうかのオプションが表示されます。また、この結合ステップをスキップすることもできます。
 
notion image
 
Pipedriveがどのように重複を検索し、どのように処理するかについて説明します。
 
重要:取引、人物、組織はそれぞれ固有のシステムIDを持っています。データを上書きしたい場合は、システムIDを用いてインポートを行って頂くことで、スムーズに上書きを行うことが可能です。

取引

営業の性質上、同じ人や組織と同じ名前の複数の案件を同時に持つことがありますが、Pipedriveでは案件の重複識別子はありません。

人物

インポートで名前が認識された後、Pipedriveは以下の情報を検索して、重複レコードかどうかを判断します。
人物 - 組織 担当者 - 電話番号 担当者 - 電子メール
これらの3つのフィールドのいずれかがPipedriveデータベース内で既に確立されているPeopleと一致する場合、Pipedriveはユニークなデータを既に確立されている人物にマッピングします。

組織

名前がインポートで認識された後、Pipedriveは以下の情報を検索して、そのレコードが重複しているかどうかを判断します。
組織 - 住所
同じ名前の組織があっても、住所フィールドを必ず指定していれば、住所が先に入力された同名の組織と一致した場合、一意の追加データは再び先に入力された組織にマッピングされます。