リードと取引(ディール)の違い

Created
2021/5/5 15:12
Tags
リードとディールを分けることは、すべてのデータを整理するために不可欠です。以下では、それぞれの特徴を説明していますので、お客様をリードとして追加するか、案件として追加するかをご理解ください。

リード

リードジェネレーションプロセスの初期段階では、多くの潜在的な案件がパイプラインの初期段階に置かれていることに気づくかもしれません。これは、セールスプロセスを進める準備ができていないだけでなく、失注にしたり削除したりするほどでもない状態です。これでは、ワークスペースが散らかってしまい、すぐに対応しなければならない案件に集中できなくなってしまいます。
Pipedriveでは、リードを案件としてパイプラインに追加する前に、リードインボックスに追加することができます。リードインボックスは、案件になる前の事前審査済みのリードを保管するための別の箱とお考えください。どのリードが適格であるかを決定したら、それらを簡単にディールに変換し、パイプラインに直接追加して、セールスプロセスを開始することができます。
リードは、個人、組織、またはその両方に関連付けることができます。 リードは、潜在的な顧客を整理してから、セールスパイプラインに移すことができます。 リードはお客様のアカウントにインポートできます。
notion image

取引

Pipedriveでは、人や組織との継続的な取引は案件として追跡され、獲得または失注するまでパイプラインの段階を経て処理されます。
連絡先と案件の関係をより理解するためには、Pipedriveのデータがどのように整理されているかを読むことをお勧めします。
案件をクリックすると、その案件の詳細ビューが表示され、関連するすべての連絡先情報と、その案件に関するすべてのアクティビティ、メール、メモ、アクションが表示されます。
案件は、個人、組織、またはその両方と関連付けることができます。
ディールは、セールスプロセスを通じて発生するすべてのイベントや動きを追跡します。 ディールは連絡先に接続されているため、ディールに対して実行したアクションは、そのディールに関連する人や組織にも関連付けられます。 ディールは、以前のCRMからインポートすることも、CSVやXLSファイルからインポートすることもできます。 アカウント内の案件の進捗状況は、アカウント内のレポートとして追跡されます。
 
notion image