🌏

Pipedriveのデータはどのように構成されているか

リード、取引、人物、組織、アクティビティ、メールなどを整理することは、営業プロセスには欠かせません。Pipedriveは、すべての項目を整理するとともに、それらをリンクさせて可視性を高めることができます。
 
Pipedriveを始めたばかりの方は、「基礎から始めるPipedriveアカデミーコース」をご覧ください。
 

リード

notion image
営業プロセスの初期段階では、まだ着手できていない潜在的な案件がパイプラインに置かれていることがあります。
Pipedriveのリードインボックスは、案件になる前に事前に確認したリードを保管するための独立したインボックスです。どのリードが適格であるかを決定したら、それらを簡単に案件に変換し、パイプラインに直接追加することができます。リードの受信箱については、こちらの記事で詳しく説明しています。
リードの追加は、スプレッドシートのインポート、「リードの追加」ボタンのクリック、またはLeadbooster経由で行うことができます。新しいリードを追加する方法については、こちらをご覧ください。 リードの追加」ダイアログでリードを追加する場合、「組織名」または「担当者名」以外のすべてのフィールドは任意です。 リードの受信箱の中のリードの順番は、各リードの活動状況によって決定され、最も緊急性の高い注意が必要なリードが上に、緊急性の低いリードが下に表示されます。 リードの品質を確認し、パイプライン上の案件として処理する準備ができたら、「案件に変換」をクリックします。すると、新しいダイアログが表示され、新規案件のパイプライン、可視性、価値を定義することができます。
 

取引

notion image
Pipedriveで人や組織と進めている継続的な取引は、取引として追跡され、パイプラインの段階を経て、成約または失注のいずれかになるまで処理されます。
取引には、成約に向けたすべてのアクションが含まれます。また、取引は関連する人や組織からすべての情報を引き出し、その取引の詳細ビューで確認することができます。
 
・取引は、人や組織と関連付けることができます。 ・取引は、セールスプロセス全体で発生するすべてのイベントや動きを追跡します。 ・取引は連絡先に接続されているため、取引に対して実行するアクションは、その取引に関連する人や組織にも関連付けられます。 ・取引は、以前のCRMからインポートすることも、CSVやXLSファイルからインポートすることもできます。 ・アカウント内の取引の進捗状況は、トラッキングされ、レポート機能などで確認が出来ます。
 

人物

notion image
予定されている活動やメールなど、各連絡先に関連する情報は、その担当者の詳細ビューで追跡されます。
・担当者は1つの組織にリンクできます。 ・担当者は、同時に複数の案件を持つことができます。 ・担当者の連絡先は、連絡先プロバイダーと同期したり、以前のCRMからインポートしたり、CSVやXLSファイルからインポートしたりできます。
 

組織

notion image
組織に関連するすべての人は、その詳細ビューに表示され、組織に関連する人や案件にリンクされたノートやアクティビティも表示されます。
・組織には、住所や業界情報などの情報が含まれます。 ・複数の人を組織にリンクすることができます。 ・1つの組織に対して複数の取引を開くことができます。 ・組織は、連絡先プロバイダと同期したり、以前のCRMからインポートしたり、CSVやXLSファイルからインポートしたりできます。
 

アクティビティ

notion image
アクティビティとは、取引を成立させるためのあなたの行動を意味します。電話やランチミーティングなど、担当者との間で予定されているあらゆるイベントを指します。アクティビティは、人物、組織、案件に関連してスケジュールすることができます。
 

メール

notion image
Pipedriveアカウントの「メール」タブには、Pipedriveに記録を残すことを決めたすべてのメールが保存されます。アドバンスプラン、プロフェッショナルプランをご利用の場合は、Pipedriveのメール同期機能により、人物や取引と一緒にメールが追跡されます。エッセンシャルプランでは、PipedriveのスマートメールBCCを使用できます。
・メールを送信した人物がPipedriveに存在する場合、そのメールはその人物に関連付けられます。その人がPipedriveにまだ存在していない場合、メールは新しい人を作成し、そのメールスレッドをその人にリンクします。 ・連絡先からの返信は、Pipedriveのメールボックスに転送され、Pipedriveは顧客からの返信と同じメールスレッドに記録します。 ・メールの添付ファイルは、メールが関連付けられている場所であればどこでも利用でき、詳細ページの「ファイル」タブでも利用できます。 ・メールの送信先の担当者に未決の取引がある場合、Pipedriveはそのメールスレッドを担当者と未決の取引に関連付けます。