Pipedriveにはどのようなタイプのユーザーがいますか?

Last updated on February 9, 2022

※注意:これらのユーザーの役割は、新しいグローバルユーザー管理機能が有効になっている場合にのみ使用できます。このベータ機能を有効にしていない場合は、Deals Accessユーザータイプ(admin、regular、manager)にのみアクセスできます。

 

Pipedriveには、取引アクセス、アカウント設定、およびビューアアクセスの3つの可能なユーザータイプがあります。それぞれが、ユーザーにPipedrive内のさまざまな機能へのアクセスを提供します。

アクセス権は、[会社の設定]> [ユーザーの管理]に移動して構成できます。ここから、会社のアカウントの各ユーザーのアクセスタイプを確認できます。

 

■取引情報へのアクセス 取引にアクセスするtろ、Pipedriveのコアなセールス機能を利用することができます。取引へのアクセス権を持つことで、パイプライン、リード、取引、連絡先、および関連するすべての機能にアクセスできるようになります。

取引の中で、ユーザーは可視性グループと権限セットを割り当てられ、アカウントで何を見たり、何ができるかを制御します。

※注意:企業アカウントに複数の管理者を設定することはできますが、オーナーは一人しか設定できません。

 

■アカウント設定 アカウント設定のアクセス権により、会社の請求詳細、セキュリティ設定、会社の設定、ユーザー管理、および個人の設定を表示および編集が可能になります。取引へのアクセスがなければ、Pipedriveの主要なセールス機能にアクセスすることはできません。

 

■Viewerアクセス ※注意:Viewer機能は現在ベータ版です。

PipedriveのViewer機能では、パイプラインの読み取り専用バージョンを会社のアカウント外の人と共有できます。デフォルトでは、管理者ユーザーのみがパイプラインを共有できます。一般ユーザーは、管理者ユーザーからのアクセス許可があれば、パイプラインを共有できます。

閲覧者は、アクセスを許可したパイプラインと詳細のみを表示できます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩