Pipedriveのユーザータイプ:グローバルユーザー管理(ベータ版)

Last updated on February 9, 2022

※注意:これらのユーザーの役割は、新しいグローバルユーザー管理機能が有効になっている場合にのみ使用できます。このベータ機能を有効にしていない場合は、取引アクセスユーザータイプ(admin、regular、manager)にのみアクセスできます。

Pipedriveのグローバルユーザー管理により、ユーザーが持つアクセス権を制御できます。権限セットだけでなく、Pipedriveアカウントのアカウント設定を担当するユーザーを追加することもできます。

 

■アクセス権 Pipedriveアカウントには、2種類のアクセス権があります。ユーザーは、取引またはアカウント設定にアクセスできます。これらのユーザータイプごとに、アカウントの機能と設定へのアクセスが異なります。

 

■取引情報 取引アクセスにより、Pipedriveのコアセールス機能を使用できます。取引にアクセスすることで、パイプライン、リード、取引、連絡先、および関連するすべての機能にアクセスできるようになります。取引内では、ユーザーには可視性グループと権限セットが割り当てられ、アカウントで表示および実行できる内容を制御します。

取引情報にアクセスするには、アカウントに有料シートが必要です。取引アクセス権が追加されたユーザーには、権限セットと可視性グループが割り当てられます。

取引にアクセスできるユーザーは、パイプラインの取引セクションとリードの受信トレイにアクセスできます。

 

■アカウント設定 アカウント設定のアクセス権により、会社の請求の詳細、セキュリティ設定、会社の設定、ユーザー管理、および個人の設定を表示および編集することができます。Pipedriveの主要なセールス機能にアクセスすることはできません。

アカウント設定のみのユーザーは、取引にアクセスできないため、取引、リード、パイプライン、およびPipedriveの他のコア機能は表示されません。アカウント設定ユーザーは、アカウントに空席があり、ユーザー管理、請求の詳細、会社の設定、セキュリティ設定、および個人設定にアクセスできます。

アカウント設定アクセス権を持つユーザーに取引アクセス権を割り当てたい場合は、そのユーザーに対して両方のアクセスタイプを有効にすることで割り当てることができます。取引アクセスを追加すると、サブスクリプションにシートが追加されることに注意してください。

 

■アクセス権の編集 ※注意:アカウント設定ユーザーのみがユーザー管理にアクセスできます。

ユーザーを追加するときに、ユーザーに割り当てられるアクセス権を選択できます。新しいユーザーをプレビューするときは、鉛筆アイコンをクリックしてアクセス権を編集します。

アクセス権は、一括で編集することも、 [会社の設定]> [ユーザーの管理]に移動して個別に編集することもできます。チェックボックスをクリックするか、[その他] (...)ボタンをクリックして、アクセスオプションを開きます。そこで、ユーザーに割り当てるアクセス権を選択できます。セールスアクセス権を持つユーザーの場合、権限セットと可視性グループを選択できます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩