Pipedriveのユーザータイプ:取引へのアクセス(BETA)

Last updated on February 9, 2022

※注意:取引へのアクセスには、アカウントに有料シートが必要です。取引アクセスユーザータイプは、グローバルユーザー管理ベータ版を使用しているアカウントでのみ使用できます。

取引にアクセスすると、Pipedriveのコアなセールス機能を使用できます。取引にアクセスすることで、パイプライン、リード、ディール、連絡先、および関連するすべての機能にアクセスできるようになります。取引の中で、ユーザーはアカウントで表示および実行できる内容を制御するための可視性グループと権限セットが割り当てられます。

 

■取引アクセスの割り当て 管理者権限を持つユーザーであれば、他のユーザーに案件のアクセス権を割り当てることができます。これを行うには、[会社の設定] > [ユーザーの管理]を選択します。そして、案件のアクセス権を与えたいユーザーの横にある3つの点(...)をクリックすることができます。

次に、取引へのアクセスをオンに切り替えたり、ユーザーの権限セットと可視性グループを選択したりするオプションがあります。

取引にアクセスできるユーザーは、パイプラインの取引セクションとリードの受信トレイにアクセスできます。

 

■取引情報にアクセスできるユーザー向けの追加グループ ユーザーに取引アクセスを許可する場合は、管理者ユーザー、一般ユーザー、またはプロフェッショナルまたはエンタープライズプランの場合はマネージャーのいずれかの権限セットの下にユーザーを配置する必要があります。

・管理者ユーザー

管理者ユーザーは、アカウント内のすべての取引、連絡先、および機能にアクセスできます。また、次の機能もあります。

 ・データフィールドの作成と編集  ・パイプラインとステージを作成および編集  ・アカウント全体でWebhookを作成および管理  ・Pipedriveアカウントのすべての取引、個人、および組織を完全に可視化する  ・データのインポートとエクスポート

 

・一般ユーザー

一般ユーザーは、管理者ユーザーではないユーザー、またはPipedriveで設定された別の権限の範囲内にないユーザーのデフォルト名です。一般ユーザーは取引にアクセスでき、Pipedriveのコア機能を使用できます。その権限セットで選択されたオプションに基づいて、ユーザーはPipedriveアカウントの特定のアイテムを表示および変更するためのアクセスが制限される場合があります。

 

・管理者

Pipedriveのプロフェッショナルまたはエンタープライズプランを使用している場合は、追加の権限セットがあります。Manager権限セットは、アカウント内での完全な表示を許可せずに、一部のユーザーにアカウント内でより多くの権限を与えることができるように、追加のセットを提供します。Professionalプランのユーザーにはマネージャー権限があり、Enterpriseプランのユーザーは無制限の追加カスタムセットを作成できます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩