一括編集とフィルタリング

Last updated on February 28, 2022

※注意:ここにリストされている一部のアクションは、管理者ユーザーのみが使用できる場合があります。

[取引]タブと[連絡先]タブの両方にあるリストビューは、Pipedriveで貴重な情報のレポートとフィルターを生成するための便利なツールです。このビューを最大限に活用するには、データを表示するためのすべての方法を知っておくことが最善です。そうすれば、いつでも最も価値のある情報を見ることができます。

 

■リストビューのカスタマイズ インタラクティブなスプレッドシートのように構築されたリストビューでは、表示する列、順序、および表示方法を選択できます。あなたはあなたのデータを最もよく知っているので、あなたがあなたの最高の仕事をすることができるように、私たちはあなたにそれがどのように表示されるかをあなたにコントロールさせます。

リストビューに表示する列を選択するには、リストビューに移動し、テーブルの右側にある歯車のアイコンをクリックします。[列 の選択]プロンプトが表示されたら、表示したくない列の選択を解除し、そのテーブルに表示したい他の列を選択します。

必要に応じて調整できるように、列を再配置またはサイズ変更することもできます。 列を再配置するには、列ヘッダーをクリックしてドラッグし、テーブルに表示する場所に移動します。

 

■リストビューでの並び替え リストビューから、リストを並べ替えて、情報を昇順または降順で表示できます。 リストビューで情報を並べ替えるには、列ヘッダーをクリックして値の降順で並べ替えを開始し、値の昇順で並べ替える場合はもう一度クリックします。

2番目の列で並べ替える場合は、Shiftキーを押しながら2番目の列ヘッダーをクリックします。

■フィルタとカスタムレポート Pipedriveでは、取引や連絡先など、データベース内の情報を様々な基準でフィルタリングすることができます。 情報のフィルタリングを開始するには、[フィルタ]ボタンをクリックします。ドロップダウンが表示され、すべてのPipedriveユーザーが利用可能なデフォルトのフィルタが表示されます。

・フィルタで選択した列を保存する フィルタを作成する際に、選択した列をフィルタと一緒に保存するオプションがあります。 これを有効にすると、このフィルターでリストビューに表示される列が記録され、その情報がフィルターの条件と共に保存されます。 保存されたフィルタをマイフィルタエリアでクリックすると、リストビューのカラムはその情報を表示するように変更されるので、何度も調整する必要はありません。

既存のフィルターを削除するには、右上のフィルターボタンの下にある[所有者]> [全員]に切り替えます。

 

■リストのエクスポート リストビューでは、表示された情報を別の表計算ファイルにエクスポートして、利用することもできます。

右端の「...」ボタンをクリックし、「フィルター結果をエクスポート」をクリックします。 Excel(.xls)またはCSV(.csv)ファイルをエクスポートするオプションが表示されます。選択すると、データエクスポートのページが表示され、エクスポートセッションのステータスに関する情報が表示されます。 完了すると、作成されたスプレッドシートが自動的にコンピュータにダウンロードされます。

※注意: フィルタ結果をエクスポートするオプションが表示されない場合、あなたは会社のPipedriveアカウントの管理者ユーザーではなく、そのアカウントの管理者ユーザーが一般ユーザにデータのエクスポートを許可する権限を有効にしていない可能性があります。これを変更するには、管理者ユーザーに連絡してください。

 

■一括編集 リストビューに表示される情報は、いくつかの方法で編集することができます。1つのフィールドを編集するには、セルの上にカーソルを置き、表示される鉛筆のアイコンをクリックすると、そのセルに表示されている情報のみを編集することができます。

リストビューに表示されている複数の行を一度に編集するには、編集したい行のチェックボックス(テーブルの左側)をクリックします。 画面右側に表示される一括編集パネルで、編集したい行の値を選択し、編集します。取引編集ボタンをクリックし、変更を確定します。 確認ウィンドウがポップアップ表示されますので、そこで変更内容を確認することができます。 確認後、ウィンドウの左下で更新の進捗状況を確認することができます。 リストビューのすべての行を一度に選択するには、列のヘッダーチェックボックスをクリックします。 これにより、現在画面に表示されていないものも含めて、現在のフィルタとすべての結果が選択され、大量の情報を一度に編集することができます。

※注意:一度に100件の案件をリードに一括変換できるのは100件までです。 複数の行を選択して一括編集するには、編集する行のチェックボックスの上でマウスカーソルをクリック&ドラッグすることもできます。

 

■一括削除 リストから特定の項目を選択して削除する方法と、フィルタの結果を一括して削除する方法があります。

一部の項目だけを削除するには、リストビューで削除したい項目のチェックボックスを選択し、ゴミ箱のアイコンをクリックして削除します。

フィルターの結果をすべて削除するには、チェックボックス列のヘッダーにあるチェックボックスをクリックして、すべてを選択します。これを削除すると、画面に表示されているものだけでなく、フィルタの結果がすべて削除されます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩