取引の進捗状況

Last updated on February 28, 2022

※注意:インサイトレポートの数は、ご契約のプランによって異なります。 インサイトの取引進捗レポートでは、指定した期間内の案件の進捗段階を確認できるため、営業サイクルの中で取引がどの程度進捗しているかを確認することができます。

 

■進捗レポートの作成 取引進捗レポートを作成するには、[進捗]タブ > [インサイト]で、検索バーの横にあるプラス「+」記号をクリックし、[レポート] > [取引] > [進捗]をクリックします。

 

■進捗レポートの表示 ※注意:このレポートには、最新のステージ進行状況のみが表示されます。例えば、ある取引がステージ2に入り、その後ステージ1という前のステージに戻された場合、その取引はステージ2の進行状況レポートには表示されません。また、取引がステージ1に入った時刻を示すタイムスタンプは、最初にステージ1に入った時刻ではなく、ステージ1に戻された時刻になります。

進捗レポートのデフォルトは、以下のフィルタになります。 ・ステージに入った日付は「今年」 ・パイプラインは(デフォルトのパイプライン)です

表示データに応じて、いつでもフィルタを調整・追加することができます。取引の進捗状況を評価するために必要なデフォルトのフィールドであるため、ステージ条件に入る日付はロックインされます。

 

・取引の進捗状況はどのように測定されますか?

※注意:取引を獲得しても、スキップされたステージの取引進捗レポート結果には影響しません。 取引数による測定を選択した場合、選択した時間枠の中で各ステージに入った取引の数が表示されます。取引額や取引加重値など、他の取引進捗指標も選択できます。各列にカーソルを合わせると、セグメント化するフィールドの内訳が表示されます。

入力されたステージの取引数には、そのステージをスキップして将来のステージに移行した取引も含まれます。例えば、ある取引が選択した時間枠の中でステージ2からステージ5に直接移動した場合、ステージ3、4、5に入ったと表示されます。

 

■進捗レポートのカスタマイズ インサイトのレポートでは、表示したいデータを反映させるためにレポートを柔軟にカスタマイズすることができます。進捗レポートでは、取引がどの段階まで進んでいるかを知ることが重要なため、入力されたフィールドが常に表示されますが、このデータをどのように表示するかは、さまざまな方法でグループ化することができます。

・y軸で測定

グラフの左側で、取引を測定するフィールドを選択することができます。

取引額 取引加重値 取引件数 取引数 製品価値 任意の数値・金額カスタムフィールド

・x軸で表示

表示タブでは、Pipedriveアカウントの特定のフィールドによってデータをグループ化することができます。Pipedriveのデフォルトフィールドや、以下のタイプのカスタムフィールドでグループ化することができます。

ユーザー 日付 単一オプション 複数オプション 組織名 人物

 

このレポートがパイプラインの進行状況を測定することを考えると、フィルターによるセグメントは、ステージごとの内訳を示すために入力されたステージにロックされます。入力したステージ別に表示することを選択した場合、セグメントは適用されません。

アクティビティレポートの作成が完了したら、ダッシュボードに追加したり、チームと共有したりできます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩