取引コンバージョン

Last updated on February 28, 2022

※注意:インサイトレポートの数は、ご契約のプランによって異なります。 インサイトレポート機能では、カスタマイズ可能なコンバージョンレポートを作成し、取引がステージからステージへ、またはオープンからクローズへ移行する際のコンバージョン率を確認することで、営業プロセスやパイプラインのパフォーマンスをより深く理解することが可能です。

インサイトコンバージョンレポートは、2つのタイプのレポートに分けることができます。 ・ファネルコンバージョンレポート パイプラインのステージ間の取引コンバージョン率を明確に表示することができます。 ・獲得/失注コンバージョンレポート オーナー、組織、期間など様々なグループにおける取引の全体的な勝敗率を確認することができます。

 

■目標到達プロセスの変換 目標到達プロセスの変換レポートは常にパイプラインごとに作成され、パイプラインのステージを通過する際の案件のパフォーマンスを表示します。

※注意:初期段階でWonとマークされた取引は、パイプラインの全ステージを通じて存在するものとしてレポートに表示されます。

 

・目標到達プロセスのコンバージョンレポートを作成する

目標到達プロセスのコンバージョンデータのレポートを作成するには、検索バーの横にあるプラス「+」記号をクリックし、[レポート] > [取引]> [コンバージョン]をクリックします。

デフォルトでは、目標到達プロセスのコンバージョンレポートには、パイプラインの各ステージと、作成されたすべての取引から獲得した取引の割合が表示されます。

 

・目標到達プロセスのコンバージョンレポートを表示する 目標到達プロセスのコンバージョンレポートには、全体的な勝率が表示されます。これは、そのパイプライン内の取引の総数と比較した、獲得した取引の割合です(最初の段階で獲得した取引/取引の合計)。

パイプラインで進行した取引の割合に加えて、1つの取引を獲得するために開始すべき取引数の内訳と、ステージ間の取引コンバージョンが表示されます。この統計は、レポートの左側で[取引数]を選択した場合のみ表示されます。

 

・目標プロセスのコンバージョンレポートを編集または削除する

レポートが作成されると、デフォルトのフィルターが設定されます。デフォルトのフィルタを編集したり、独自の条件を追加することができます。

※注意: 目標プロセスのコンバージョンレポートは常にパイプラインによって生成されるため、パイプライン条件を削除することはできませんのでご注意ください。 X軸はデフォルトでパイプラインの全ステージを表示するため、各ステージから次のステージへの取引のコンバージョンを見ることができます。パイプラインからステージを除外して、2つのステージ間のコンバージョンを比較することができます。

Y軸は、パイプライン内の取引数を表します。これは、取引の値、取引の加重値、取引数、または数値や金額タイプのカスタムフィールドに変更することができます。取引をクリックすると、他のオプションに切り替わります。

 

■勝敗換算 勝敗コンバージョンレポートは、パイプラインに関係なく勝敗比率を表示します。他のインサイトレポートと同様に、レポートをカスタマイズするためのフィルタを作成する機能があります。

・勝敗コンバージョンレポートの作成

取引コンバージョンデータのレポートを作成するには、サイドバーの「+」記号をクリックし、「取引コンバージョン」を選択します。デフォルトでは、ファネルコンバージョンレポートが作成されますが、ページ上部のWin/Lossトグルをクリックすると、Win/Lossコンバージョンレポートに変更することができます。

 

・勝敗コンバージョンレポートの表示

このレポートでは、勝率と損失率の両方を同じグラフで見ることができます。このレポートを作成するためには、勝敗がマークされた案件を表示するようにフィルターが設定されていることを確認する必要があります。

棒グラフにカーソルを合わせると、勝敗率の内訳が表示されます。

グラフの下には、「取引」または「サマリー」ごとにデータを確認できる表があります。

取引を選択すると、グラフ内のすべての取引の詳細なリストが表示されます。 サマリーは、グラフのX軸で選択されたフィールドに基づく情報を表示します。 取引 タブと サマリータブを切り替えて、お好みのデータを表示することができます。

 

・勝敗コンバージョンレポートの編集

成約した取引の数に基づいて全体のコンバージョンレポートを作成することをお勧めします。そのため、全体のコンバージョンレポートのフィルターは、デフォルトで今年と勝訴/敗訴した取引に設定されます。ご希望であれば、ステータスフィルターを変更し、未決取引も含めることができます。

レポートのフィルタを編集する際、デフォルトのフィールドまたはカスタムフィールドを使用してフィルタ条件を追加することができます。

レポートはオーナーによるコンバージョン率を自動的に生成しますが、X軸のフィールドをクリックして、グループ化オプションを変更することが可能です。

また、コンバージョンの測定値を編集するオプションもあり、デフォルトでは取引数に設定されています。取引件数だけでなく、取引額、加重値、カスタム貨幣/数値フィールドタイプもサポートされています。

取引コンバージョンレポートの作成が完了したら、ダッシュボードに追加したり、チームと共有したりすることができます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩