取引実績

Last updated on February 28, 2022

※注意:インサイトレポートの数は、ご契約のプランによって異なります。 インサイトの取引実績レポートでは、Pipedriveアカウントで開始された案件、獲得した案件、失った案件の数の概要が確認できます。

■取引実績レポートを作成する ディールパフォーマンスレポートを作成するには、検索バーの横にあるプラス「+」記号をクリックし、[レポート]→[取引]→[取引実績]を選択します。

 

■取引実績レポートのカスタマイズ アカウント内の特定の情報に対してレポートを作成するために、フィルタを作成して結果を絞り込むことができます。 レポートフィルターに条件を追加して、データをさらに特定したい場合は、条件追加ボタンを押し、追加のフィルター条件を入力します。レポート内のグラフは、フィルター条件の変更に応じて、自動的に調整されます。

各フィルター条件では、セレクタとして「is」または「is any of」を選択することができます。

isを選択すると、条件内の1つの選択項目に従ってフィルタリングすることができます。 is any ofは、フィルタリングするフィールドが単一または複数のオプションフィールド(ステージ、パイプライン、ステータスなど)である場合、条件内で複数の選択をすることができます。

取引のデフォルトフィールド、カスタムフィールド、商品などのフィールドを基にフィルタリングすることができるようになります。

 

■パフォーマンスレポートのチャートの種類 レポートのフィルターの設定が完了したら、縦棒グラフ、棒グラフ、円グラフ、または表グラフの4種類のグラフのいずれかでレポートの結果を表示するように選択できます。各グラフの下に、選択したデータがリストビュー形式で表示されます。

・縦棒グラフ 縦棒グラフでは、次のような方法でデータを整理することができます。 ・結果で何を測定するか(Y軸) 取引額、取引加重値、取引数、商品数、商品額。 ・何を基準に結果を見るか(X軸) さまざまなデフォルトおよびカスタム案件フィールド、コンタクト、製品フィールド。 ・結果の追加セグメンテーション(必須ではありません) さまざまなデフォルトおよびカスタムの取引フィールド。 サイドバーのオプションは、セグメントされたグループに応じて調整されます。

縦棒グラフチャートでは、以下の間隔を選択することで、X軸に時間の経過とともにデータを追跡することができます。 年単位 四半期 月別 週次 毎日

 

・棒グラフ

棒グラフを使用すると、次の方法でデータを整理できます。

結果で何を測定するか(Y軸) 結果を(X軸)でグループ化するもの 結果の追加のセグメンテーション(必須ではありません) サイドバーのオプションは、セグメント化されたグループに応じて調整されます。

 

・円グラフ

円グラフを使用すると、次のようにデータを整理できます。

何を測定するか(必須) セグメント化する対象(必須) サイドバーのオプションは、セグメント化されたグループに応じて調整されます。

 

・スコアカードチャート

スコアカードチャートには、選択した測定値の合計(取引数、価値、勝率、時間など)が表示されます。 番号の下のドロップダウンメニューで使用可能な測定値は、選択したレポートタイプによって異なります。

 

・表チャート 表チャートを使用すると、リストビューと同様に、データをカスタマイズ可能なリストとして表示できます。表示したいフィールドを選択するには、次のことができます。

さまざまなフィールドを列として適用します。 表のグラフに列を追加するには、グラフの右上隅にある歯車のアイコンをクリックして、表示するフィールドを選択します。 列ヘッダーをクリックして、列の値を並べ替えます

アクティビティレポートの作成が完了したら、ダッシュボードに追加したり、チームと共有したりできます。

 
質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩