トラブルシューティング:カレンダー同期機能

Last updated on February 15, 2022

Pipedriveのカレンダー同期機能を使用する際、いくつかの技術的な問題に遭遇することがあります。本記事で説明する手順を実行する前に、カレンダー同期機能が有効であることを確認することをお勧めします。

 

■アクティビティが表示されない場合 フィルターがかかっていないか確認する。アクティビティ]タブのリストビューで、フィルターが適用されているかどうかを確認します。フィルターを解除するには、右上のフィルターボタンの下にある[所有者]> [全員]に切り替えてください。

・サードパーティのカレンダープロバイダーでテストアクティビティを作成し、Pipedriveに表示されるかどうか確認します。その逆も同様です。カレンダー同期機能で同期されるのは、新規および更新されたアクティビティのみです。つまり、同期が開始される前に作成されたアクティビティは同期されません。 ・カレンダーシンクの設定を確認してください。[個人設定]> [カレンダー同期]で確認できます。正しい情報がサードパーティのカレンダープロバイダーとの間で転送されるように、正しいカレンダー、同期タイプ、および同期されたアクティビティタイプが選択されていることを確認することをお勧めします。

・ブラウザのキャッシュとCookieをクリアしてください。 ・カレンダー同期の接続を解除し、再接続します。[個人設定]-[カレンダー同期]で、[同期を停止]ボタンをクリックします。再接続するときは、「再接続」ではなく「新しいアカウントを追加」をクリックします。これにより、アカウントの認証情報を再入力する必要があるため、接続の再認証が行われます。その後、カレンダー同期を設定するウィンドウが表示されますので、お好みの設定でカレンダー同期を設定してください。

 

■カレンダー同期が一方向のみで同期している場合

カレンダー同期設定を確認してください。[個人設定] > [カレンダー同期] で、[同期タイプを選択] で同期方向を確認します。

 

■アクティビティが重複している場合

サードパーティーのカレンダープロバイダーから同期されたすべてのアクティビティに重複が発生している場合、[ツールとアプリ ]>[カレンダー同期]で [同期の停止]ボタンをクリックしてカレンダーの同期を切断し、サポートにご連絡ください。

 

■カレンダーの取得に関する問題

Microsoft Exchangeをカレンダー同期に使用し、2FA機能を有効にしている場合、当社のカレンダー同期を設定しようとすると、エラーが発生する可能性があります。 この問題を解決するには、Pipedriveのカレンダー同期専用のアプリパスワードを生成する必要があります。Microsoftアカウントにログインし、[セキュリティ] > [高度なセキュリティオプション]に進みます。

新しいアプリのパスワードを作成するを選択します。 生成されたアプリパスワードを、Pipedriveのカレンダー同期設定ページの「アカウントの追加」セクションにコピーします。

 

■アクセス権が不十分な場合の問題 認証手順でで必要な権限が選択されていない場合や、IT管理者が会社のカレンダーアカウントの読み取り/書き込み権限を無効にしている場合、外部カレンダーPipedriveと同期できない問題が発生する可能性があります。

以下の手順で問題を解決することができます。

①接続の手順の中でで、Pipedriveにカレンダーへのアクセス許可を与えていることを確認してください。例えば、Googleの場合、許可ボックスをチェックするオプションがあります。

②Googleアカウントを使用している場合、リンク先のGoogleアカウント(https://myaccount.google.com/permissions)からPipedriveの権限をすべて削除し、最初からやり直してください。。Pipedriveのカレンダー同期設定ページに戻り、[新しいアカウントを追加する]をクリックして接続プロセスを再開します。

③それでもエラーが発生する場合は、組織内のメール/IT管理者に連絡してください。GoogleまたはMicrosoftで、サードパーティアプリ(Pipedriveなど)がカレンダーの読み取り/更新を許可されない特定の権限が設定されている可能性があります。これらの権限を無効にするよう、管理者に依頼してください。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩