トラブルシューティング:メール同期機能

Last updated on February 15, 2022

Pipedriveのメール同期機能を使用する際、いくつかの技術的な問題が発生する可能性があります。この記事で概説されている手順を実行する前に、Eメール同期がアクティブになっていることを確認することをお勧めします。

 

■メール同期を認証ができない場合

メール同期の接続を解除し、再接続する。これを行うには、 [個人設定]> [メール同期]に移動し、 [同期の停止]ボタンをクリックします。再接続の際は、「再接続」ではなく、「新しいアカウントを追加」をクリックしてください。これにより、メールアカウントの認証情報を再入力する必要があるため、メール接続の再認証が行われます。

 

■Pipedriveからメールを送信できない場合

・ブラウザのキャッシュとCookieをクリアしてください。 ・メール同期の接続を解除し、再接続します。これを行うには、「個人設定」>「メール同期」で、「同期を停止する」ボタンをクリックします。再接続の際は、「再接続」ではなく、「新しいアカウントを追加」をクリックします。これにより、メールアカウントの認証情報を再入力する必要があるため、メール接続の再認証が行われます。

 

■メールクライアントからPipedriveの受信トレイや送信済みセクションにメールが入力されない場合

・フィルターがかかっていないか確認してください。受信トレイまたは送信済みフォルダで、同期されたメールを表示しないようにするフィルタが適用されていないか確認します。

・メール連携の「ラベル」設定を確認します。ここで選択したラベルのメールのみがPipedriveアカウントと同期されます。 ・ブラウザのキャッシュとCookieをクリアしてください。 ・別のブラウザで試してみてください。これにより、同期の問題を引き起こしている可能性のあるブラウザ関連の問題を除外することができます。 ・メール同期の接続を解除し、再接続します。これを行うには、[個人設定] > [メール同期]に移動し、[同期を停止]ボタンをクリックします。再接続の際は、[再接続]ではなく[新しいアカウントを追加]をクリックします。これにより、メールアカウントの認証情報を再入力する必要があるため、メール接続の再認証が必要になります。

 

■取引の詳細ビューにメールが表示されない場合 ・Pipedriveの受信トレイ/送信済みボックスから、メールのスレッドが取引/連絡先にリンクされているかどうかを確認します。メールのスレッドが取引にリンクされているかどうかを確認するには、スレッドを開いて右上の隅を確認します。 ・ブラウザのキャッシュとCookieをクリアしてください。

それでもまだメール送信に問題がある場合は、サポートに連絡してください。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩