PipedriveでのEメールのプライバシーとEメールの共有

Last updated on February 18, 2022

Pipedriveのメールタブは、自分のメールの受信箱と同じように、ユーザーのプライバシーを守るための機能です。各ユーザーのPipedriveの受信トレイはユニークで、メール同期またはスマートメールBCCを通じて同期または転送することを選択した情報が含まれています。あなたのPipedriveの受信トレイは、あなたやあなたのPipedriveアカウントの他のユーザがどのような可視性や権限を持っていても、会社のPipedriveアカウントの他のユーザから分離され、プライベートに保たれます。

ただし、チーム内でメールの内容を共有できなくなるわけではありません。他のユーザーと同じ案件や同じ担当者と作業している場合、Pipedriveではそれらの関連メールを共有することができ、関係者全員が販売の最新の進捗状況を把握することができます。

 

■メールの共有 Pipedriveアカウントの他のユーザーは、3つの条件を満たした場合のみ、受信トレイからメールを見ることができます。 ・共有したいメールのスレッドが「共有」に設定されている。 ・メールスレッドが取引または連絡先にリンクされている。 ・他のユーザーが、リンクされた項目への可視性アクセス権を持っている。

この3つの条件が満たされると、他のユーザーは、リンクされた取引や連絡先の詳細ビューで、これらの共有メールを見ることができるようになります。

※注意:共有されているメールは見ることができますが、メールへの返信や転送は、そのスレッドの参加者である場合のみ可能です。

 

■メールを共有するにはどうしたらいいですか?

受信トレイの右側にある「共有」をクリックすると、メールを個別に共有できます。

また、受信トレイにある共有したいメールのスレッドの横にあるボックスをチェックし、共有ボタンをクリックすると、メールを一括して共有することができます。

すべてのメールを共有または非公開に設定したい場合は、個人設定 > メール同期の「デフォルトのメール共有」セクションを更新して、設定を変更することができます。個別に共有または非公開に設定されたメールは、このデフォルトの設定より優先されます。

 

■共有メールの表示 共有されたメールは、他のユーザーもリンク先の案件や連絡先の詳細ビューで確認できます。 ※注意:他のユーザーから共有されたメールを確認できるのは、リンク先の詳細ビューのみです。

 

・メールを再度非公開にすることはできますか? 共有メールを非公開にしたい場合は、メールタブやリンクされたアイテムの詳細ページから簡単に非公開にすることができます。一度非公開にしたメールは、そのメールを見ることができたユーザーは、今後見ることができなくなります。

 

・共有メールの削除とアーカイブ

削除されたメールはPipedriveアカウントに残らないため、リンク先の取引や連絡先の詳細ページには表示されなくなります。

共有メールをアーカイブすると、受信トレイから削除されますが、関連する情報はすべて保持されたままです。つまり、共有メールを閲覧できる人は、リンクされたアイテムの詳細ページで、まだそのメールを見ることができるのです。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩