チャットボットの動作を編集するにはどうすればいいか?

Last updated on February 21, 2022

※注意:このアクションは、管理者ユーザーのみが利用可能です。

チャットボットプレイブックは、ウェブサイトの訪問者に表示される「カード」(質問と回答を含むメッセージ)をプログラミングし、訪問者が選択できる特定の回答を提供することを中心に構築されています。その答えを選ぶことで、Webサイトの訪問者は、あなたのビジネスに興味があるかないかを自分で判断することになります。 そのため、お客様は、お名前、Eメールアドレス、会社名、電話番号など、関連する情報を提供する必要があり、その情報をもとに、お客様に連絡を取り、取引を開始・終了するために必要な会話を開始します。動作は、カスタマイズすることができます。

チャットボットプレイブックの動作を編集するには、アカウントの「チャットボット」タブに移動し、既存のプレイブックを選択します。選択したら、プレイブックエディタのヘッダーに移動し、カスタマイズを開始します。

 

■挨拶メッセージの設定 プレイブックでプログラムする最初のメッセージは、プロアクティブメッセージとして指定することができます。 プロアクティブメッセージは、顧客がウェブサイトを訪問したときに表示される自動チャットプロンプトで、顧客があなたからの連絡に興味があるかもしれないと思うときに基づいて、一定時間後に表示されるようにプログラムすることができます。 最初のメッセージがプロアクティブメッセージとして設定されていない場合、ウェブサイトの訪問者は、チャットボットプレイブックとの対話を開始するために、チャットボットアイコンをクリックする必要があります。

 

■訪問者の情報を取得する 挨拶メッセージを設定した後は、メッセージ、質問、キャプチャカードでプレイブックの残りの部分を設定することができるようになります。

・メッセージカード チャットボットの流れの中で、任意のタイミングで訪問者にメッセージを送ることができます。

・質問カード 訪問者に質問をし、相手を適格か不合格かを判断します。訪問者の回答に応じて、情報収集を続けるか、失格と判断してチャットを終了させることができます。

・キャプチャカード 訪問者から情報を取得し、リードや取引を作成します。これは、デフォルトの人、組織、または取引フィールドだけでなく、任意のテキスト、単一のオプション、複数のオプション、数値、住所、電話タイプ等のカスタムフィールドにすることができます。

 

■適格リードまたは取引の設定 訪問者が適格または不適格とした時点に達すると、チャットボットプレイブックの会話の過程で提供された情報を使って何をするかについて、より具体的にプログラムすることができます。訪問者が適格である場合、作成された取引またはリードに対して以下の情報を設定することができます。

・オーナーと可視性 訪問者が興味のあるリードとして認定されたときに作成される取引、連絡先、組織、またはアクティビティのオーナーは、どのPipedriveユーザーになるか設定できます。また、このチャットボットプレイブックから作成された情報を閲覧できる可視性グループを設定することができます。 ・設定を保存 Pipedriveアカウントに取引またはリードとして適格訪問者情報を保存し、設定を追加して、どれがチャットボットから来たものかを分かるようにします。取引を選択した場合は、入力されるパイプラインとステージを選択する必要があります。 ・アクティビティ 訪問者にスケジューラーのリンク(一般的な可用性)へのアクセス権を与え、電話やミーティングを予約して、あなたの会社に対する興味について話すことができるようにします。 ・クロージングメッセージ 訪問者に伝えたいことがあれば設定できます。

チャットボットのプログラムされたプレイブックの動作を設定したら、[保存] ボタンをクリックして変更を確定します。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩