チャットボット

Last updated on February 21, 2022

※注意:チャットボットは有料のアドオンです。

ビジネスを最適化しようとすると、営業プロセスの初期段階において、リードの獲得と適格性確認に膨大な時間がかかっていることに気づくかもしれません。他のリードと話し、相手の興味を見極めようとするため、話す時間を確保できない人がたくさんいることは事実です。

時には、顧客が興味を持っていることを知らせるために、最も簡単な方法を提供する方が良い場合もあります。そのために、Pipedriveはチャットボットのシステムを作り、顧客がより会社の潜在な顧客としての資格を高めることができるようにしました。 質問の回答に基づいて、あなたの会社のPipedriveアカウントに取引、連絡先、またはアクティビティを作成します。訪問者が特定のオプションを選択した場合、またはその情報を提供しなかった場合、訪問者は失格となる可能性があり、不要な情報を作成することはありません。

※注意:このアクションは、管理者ユーザーのみが利用できます。

 

チャットボットの動作の構築と設計を始めるには、アカウントの「チャットボット」タブに移動し、「新しいプレイブック」ボタンをクリックします。

最初のステップでは、カラーテンプレートの一覧から選択するか、独自のカスタムスタイルを作成する必要があります。 プレイブックのデザインに適切な選択をしたら、[続行]ボタンをクリックして次のステップに進みます。

2つ目のステップでは、Pipedriveチャットボットのプレイブックの名前、関連する画像、表示言語を選択することができます。プ 選択したら、[続行]ボタンをクリックして次のステップに進みます。

3つ目のステップでは、定義済みのプレイブックテンプレートの中から、チャットボットの行動を設計するための出発点を選ぶことができます。

・より多くのリードを獲得する 会社のPipedriveアカウントをセールスリードや取引で満たすように設計されたプレイブックは、このテンプレートから始めてください。 ・より多くの会議をスケジュールする 社に関心のある人々との特定の活動をスケジュールするように設計されたプレイブックについては、このテンプレートから始めてください。 ・リードの認定とルーティング 訪問者が自分自身を興味ありと認定し、Pipedriveアカウントの特定のユーザーに割り当てられるようにするためのプレイブックは、このテンプレートで始めてください。 ・リードとチャットする ウェブサイトの訪問者とライブチャットで直接対話することができます。

プレイブックを作成する際に使用するテンプレートを選択したら、「プレイブックを作成する」ボタンをクリックして、選択を確定してください。

※注意:プレイブックで何をしたいかわからない場合は、まずシンプルなテンプレートから始めて、それを基に貴社のニーズに合わせてカスタマイズすることをお勧めします。

 

プレイブックを作成すると、選択したテンプレートのプレイブックの動作詳細が表示されますので、意図したデザインに合うまで、プレイブックの質問、回答、アクションを自由に編集することができます。 選択した内容に満足したら、[保存]ボタンをクリックして情報を確定します。情報が保存されると、チャットボットプレイブックのリストに表示されます。

※注意:ウェブサイトの訪問者がチャットボットプレイブックを見たり対話したりするためには、ウェブサイトに埋め込む必要があります。プレイブックの埋め込みについて詳しくは、こちらをご覧ください。

各プレイブックの効果を監視するために、各プレイブックを表示およびクリックした訪問者の数、プログラムされた応答を通過して適格または不適格となった訪問者の数を確認することができます。

 

各プレイブックの横にある[...]オプションをクリックすると、そのプレイブックをどのように操作するか、いくつかのオプションが表示されます。

・編集 プレイバックの動作を編集したい場合は、このオプションを選択します。チャットボットプレイブックの動作設計について詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。

・埋め込み プレイブックの埋め込み情報を確認したい場合は、このオプションを選択します。ウェブサイトにプレイブックを埋め込む方法については、こちらをご確認ください。

・非アクティブ化 プレイブックを非アクティブ化し、お客様に表示できないようにするには、このオプションを選択します。 ・複製 プレイブックのデザインと動作を複製する場合は、このオプションを選択します。 ・削除 会社のPipedriveアカウントからプレイブックを削除する場合は、このオプションを選択します。

 
質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩