GDPRに対応したWebフォームを作成するには

Last updated on February 21, 2022

※注意:これらのアクションは、適切な権限が有効になっている管理ユーザーおよび通常のユーザーが使用できます。アカウントでWebフォームを使用できるようにするには、サブスクリプションにLeadBoosterアドオンが含まれている必要があります。

 

■カスタムフィールドの設定 最初のステップは、顧客に何を要求するかを正確に考えることです。

例えば、 ・プライバシーポリシーを読みました。 ・利用規約に同意します。 ・ニュースレターの購読を希望します。 これが決まったら、取得する必要のある権限のカスタムフィールドを作成する必要があります。担当者が承認するため、これらのカスタムフィールドを[担当者]の下に作成することをお勧めします。

※注意:必要なカスタムフィールドのタイプは、チェックリストで表示可能なオプションによって異なります。デフォルトでは、単一オプションフィールドを使用する場合、Web Form は 2 つ以上のオプション (例: "Yes" と "No") がある場合にのみブロックを保存することが可能です。もし、選択肢を1つだけ (例: "はい") にしてブロックを追加する必要がある場合は、代わりに複数オプションフィールドを使用することをお勧めします。

・プライバシーポリシー プライバシーポリシーチェックボックスを作成するには、カスタムフィールド「複数のオプションタイプ」を追加します。このカスタムフィールドをプライバシーポリシーの認証として識別するための名前を選択し、オプション「はい」を追加し、該当する場合は「いいえ」を追加します。

 

・利用規約 利用規約のチェックボックスを作成するには、カスタムフィールド「複数」のオプションタイプも追加する必要があります。利用規約チェックボックスのフィールドを識別するための名前を入力し、オプション「はい」と、該当する場合は「いいえ」を追加します。

 

・ニュースレターの購読 連絡先から情報を収集しているため、場合によっては、キャンペーンや資料を電子メールで送信すると役立つことがあります。ただし、これを行うには、連絡先が電子メール通信のデータに同意する必要があります。

カスタムフィールドの単一オプションタイプを作成します。[ニュースレター]チェックボックスのオプションを識別する名前を入力し、[はい]オプションを追加し、該当する場合は[いいえ]を追加します。 カスタムフィールドの作成が完了したら、Web Formの設定に進無ことができます。

 

■Webフォームの設定 通常どおりにWebフォームを作成することから始めます。フォームエディタの最後に到達する前に、作成したフィールドに新しいブロックを追加する必要があります。

これらのブロックは、[送信]ボタンの直前に配置することをお勧めします。新しいブロックを追加するには、+記号の付いた緑色のボタンをクリックします。

 

■個人情報保護方針

  1. デフォルトオプションの入力フィールドのままにします。このオプションを使用すると、作成したカスタムフィールドにデータを収集できます。
  1. [個人]フィールドと、プライバシーポリシー用に作成したフィールドを選択します。
  1. フィールドラベルボックスに、お客様のプライバシーポリシーを参照する通知を記入します。Pipedriveウェブフォームがお客様のページにある場合、お客様のウェブサイト上にどのように、何を処理しているのかを示すプライバシー通知があるはずです。
  1. ハイパーリンクボタンをクリックして、プライバシー通知をPipedrive Webフォームにリンクします。ハイパーリンクボタンはフィールドラベルのフォーマットオプションの中にあります。
  1. 作成したカスタムフィールドは複数のオプションフィールドであるため、表示するオプションを選択することができます。YesとNoを表示させるか、Yesのみを表示させるかはお客様次第です。

この例では、お客様にプライバシーポリシーを読んで同意していただく必要があるため、オプションとして「はい」のみを表示することにします。[はい]オプションのオプションラベルに、表示したいものを記入します。

6.必須オプションにチェックを入れ、ブロックエディタを保存します。

 

・規約と条件

  1. デフォルトのオプションの入力フィールドのままにします。このオプションでは、作成したカスタムフィールドにデータを収集することができます。
  1. [個人]フィールドと、利用規約用に作成したフィールドを選択します。

3.フィールドラベルボックスに、利用規約のページを参照する通知を記入します。Pipedriveウェブフォームがお客様のページにある場合、お客様のウェブサイトにも利用規約のページがあるはずです。

4.ハイパーリンクボタンをクリックして、利用規約をPipedrive Webフォームにリンクします。フィールドラベルの書式設定オプションの中にあります。

5.作成したカスタムフィールドは複数のオプションフィールドであるため、表示するオプションを選択することができます。YesとNoを表示させるか、Yesのみを表示させるかはお客様次第です。

この例では、お客様に利用規約への同意と承諾を求めるため、オプションとして「はい」のみを表示することにします。はいのオプションラベルには、表示させたい内容(この例でははい)を記入します。

6.必須オプションにチェックを入れ、ブロックエディタを保存します。

 

・ニュースレター

顧客の連絡先情報を取得することで、キャンペーン、ニュース、ヒント、またはeコマースのプロモーションを送信することによって、顧客との連絡を維持するのに適しています。プライバシーポリシーや利用規約とは異なり、顧客はニュースレターの配信に同意したり、購読したりする必要はありません。

ウェブフォームにニュースレターのオプションを追加する手順は以下の通りです。

  1. デフォルトのオプション 入力フィールドのままにしておきます。このオプションでは、作成したカスタムフィールドにデータを収集することができます。
  1. [個人]フィールドとニュースレター用に作成したフィールドを選択します。

3.フィールドラベルボックスに、ニュースレターに関連する通知を記入します。

4.作成したカスタムフィールドは単一オプションフィールドであるため、表示するオプションを少なくとも2つ選択する必要があります。ニュースレターへの登録は任意であるため、このタイプのフィールドをニュースレター用に作成することをお勧めします。オプション[すべて]を選択します。これには、すでに「はい」と「いいえ」の両方が含まれています。

ニュースレターの購読をWebフォームの顧客に必須にすることはお勧めしません。それでも、必須にする場合は、ニュースレターの複数オプションフィールドを作成し、プライバシーポリシーと利用規約のセクションのように手順5に従う必要があります。

5.必須オプションにチェックを入れ、ブロックエディタを保存します。

ブロックをWebフォームに追加し終えたら、画面の右上隅にある[保存]をクリックします。

これで、Web Form のカスタマイズを続けることができます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩