製品について

Last updated on February 14, 2022

※注意:製品機能は、PipedriveのEssential、Advanced、Professional、およびEnterpriseプランの多くの便利な機能の1つです。

 

■製品機能へのアクセス 製品、価格変動、製品期間は、[ツールと統合] > [製品] で有効にすることができます。 製品を有効にすると、アカウントの上部にある製品タブから機能にアクセスできるようになります。

 

■製品の追加 Pipedriveアカウントに製品を追加するには、Pipedriveアプリの左側にある製品タブに移動し、「+製品」をクリックします。表示されるウィンドウで、製品の詳細を入力し、可視性設定を行うことができます。

※注意:製品名と単価は必須フィールドです。

製品を保存すると、製品の詳細ビューまたはリストビューで、これらの追加フィールドを編集できるようになります。

・カテゴリー ・説明 ・アクティブ ・オーナー ・ID ・製品カスタムフィールド ※注意:新しいカテゴリーを追加するには、カテゴリー検索ボックスにカテゴリー名を入力し、「新しいカテゴリーとして追加」をクリックします。

また、Pipedriveアカウントに新しい案件を追加する際は、[取引の追加]ウィンドウで新しい製品を追加することができます。

 

■製品リスト表示 製品リストビューでは、追加した製品を確認したり、製品の詳細を直接編集したりすることができます。

画面左上でアルファベット順に製品をフィルタリングするか、カスタムフィルターを作成することも可能です。

製品を一括編集するには、製品の左側にあるチェックボックスをクリックし、右側に表示される一括編集パネルで編集したいフィールドを選択することができます。

商品を削除するには、商品を選択し、商品ページの上部に表示されるゴミ箱のアイコンをクリックします。

※注意:商品の削除は、管理者ユーザーのみ可能です。

 

■製品詳細ビュー 製品リストビューから製品名をクリックすると、製品の詳細ページが表示され、製品に関連する情報を表示・編集することができます。

・製品の詳細を編集する

各フィールドの値を編集するには、製品の詳細ウィンドウの鉛筆アイコンをクリックします。

フィールドの表示順を変更したい場合は、「フィールドのカスタマイズ」ボタンをクリックし、2本のバーのアイコンをクリック&ドラッグしてフィールドを移動することができます。

また、このセクションでは、[フィールドのカスタマイズ] > [新しいフィールドを追加]をクリックして、製品のカスタムフィールドを追加するオプションがあります。

 

・製品にフォロワーと参加者を追加する

[フォローを開始]をクリックして自分で製品をフォローするか、[フォロワー]セクションの[+]ボタンをクリックして会社のアカウント内の他のユーザーをフォロワーとして追加できます。

参加者を追加するには、参加者セクションの横にある[+]ボタンをクリックすることができます。

 

・製品価格の表示と追加

[価格]タブには、その製品のすべての価格オプションが表示されます。各製品には、一度に複数の価格を表示することができます。 既存の製品価格を編集または削除するには、価格の上にカーソルを置いて、鉛筆またはゴミ箱のアイコンをクリックします。

・単価 販売された各単位の価格。 ・単位当たりコスト 販売された製品の各単位に関連するコスト。 ・直接原価 製品の開発または生産に関連する原価。 ※注意:製品リストビューと詳細ビューには、単価のみが表示されます。単位あたりのコストと直接原価のフィールドは純粋に表記法です。

[価格の追加]ボタンをクリックすると、製品の新しい価格を追加することができます。

※注意:各通貨の種類ごとに1つの価格項目のみを追加できます。

 

・製品にリンクされている取引を表示する

[取引]タブには、現在その製品がリンクされているすべての取引のリストが表示されます。リストの上の行で、取引ステータスで表示するようフィルタリングすることができます。商品と案件をリンクさせる方法は、こちらでご確認ください。

取引リストの列を調整するには、右側の歯車のアイコンをクリックし、それに応じて列を調整します。

表示されたリストをスプレッドシートにエクスポートするには、[エクスポート]ボタンをクリックします。

 

・ファイルの表示とアップロード

[ファイル]タブでは、この製品にアップロードされたファイルを確認したり、デバイスからファイルを追加でアップロードしたりすることができます。

[ ... ]ボタンをクリックすると、説明文を追加したり、ファイルのダウンロード、削除ができます。

 

・製品のフィルタリング 製品機能を有効にすると、フィルター内のオプションとして製品タイプフィールドが表示されます。これにより、製品固有のフィールドに応じて検索を絞り込んだり、データをエクスポートしたりすることができます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩