電子署名FAQ

Last updated on February 10, 2022

※注意:この機能は、ProfessionalおよびEnterpriseプランでのみ利用可能であり、SmartDocsアドオンを使用するEssentialおよびAdvancedユーザーが利用できます。

 

米国連邦政府ESIGN法は、「電子署名」を、契約書やその他の記録に添付され、または論理的に関連付けられ、その記録に署名する意図をもって個人によって実行または採用された電子音、記号、またはプロセスと定義しています。電子署名は、オファーレター、販売契約、許可証、レンタル/リース契約、責任免除、財務文書などに電子的に署名するために使用されてきました。電子署名は、世界のほぼすべての国のほとんどのビジネスおよび個人的な取引で法的な強制力を持ちます。

電子署名は、欧州連合eIDAS法(No 910/2014 on electronic identification and trust services for electronic transactions in internal market)で定義されており、"電子形式の他のデータに添付または論理的に関連付けられた、署名者が署名に使用する電子形式のデータ "など、すべての電子署名の広いカテゴリを対象としています。

Pipedriveの電子署名機能で提供される基本電子署名は、いくつかの高度なセキュリティ特性を持つ電子署名のサブタイプを表しています。

基本電子署名はPKI(公開鍵基盤)を使用します。基本電子署名の重要な特性は以下の通りです。

・第三者発行の電子証明書(保証) ・非対称または公開鍵による暗号化 ・IPアドレスの取得 ・署名者、署名者の2段階認証

 

■電子署名は法的拘束力がありますか? ESIGNとUETAに準拠し、同意と意図があれば、デジタル署名は欧州連合、英国、米国、カナダ、その他の国々で法的な拘束力を有します。詳しくは、各国の法令をご確認ください。

 

■電子署名機能は、私の営業チームに向いていますか? 電子署名機能を使えば、既存のツール(Google Drive、Microsoft OneDrive、SharePointなどのトップビジネスクラウドストレージソリューションなど)の成功を簡単に再現したり、制約のために物理的なオフィスから離れなければならないチームに特に関連するプロセスをデジタル化したりすることが可能です。

電子署名機能を利用すれば、顧客が印刷機器を所有しているかどうかを気にすることなく、営業に専念することができます。署名された文書を取引に保存しておけば、取引のオーナーやフォロワーが素早くアクセスすることが容易になります。

 

■合理的使用ポリシーとは何ですか? パイプドライブはeSignaturesの使用状況を厳密に監視しています。サービスが転売のために使用されている、またはその他の方法で乱用されていることに気付いた場合、乱用と思われるサービス利用や不当に負担のかかるサービス利用を阻止または停止する権利を有します。

 
質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩