Pipedriveで電話をかけるには

Last updated on February 10, 2022

■Caller ※注意:CallerはPipedriveのProfessionalとEnterpriseプランの多くの便利な機能の1つです。

Pipedriveに組み込まれたCaller機能は、Pipedriveウェブアプリから連絡先の電話番号をクリックして直接電話をかけ、録音し、保存することを可能にします。発信した通話は自動的にアクティビティとして記録され、レポートで追跡が可能です。

 

■Callto構文:PipedriveからVOIP呼び出しを行う ※注意:このアクションの構成は、管理者ユーザーのみが使用できます。

Skype、Link、または他の多くのSIPベースの電話システムなどの外部アプリを使用して電話をかける場合は、デフォルトの通話設定で「Callto」構文を設定することにより、Pipedriveからこれを行うことができます。Pipedrive内の連絡先の電話番号をクリックすると、アプリが開き、電話をかけることができます。

 

■モバイルアプリ PipedriveのiOSおよびAndroidモバイルアプリを使用すると、モバイルデバイスから直接電話をかけたりログに記録したりできます。こ

IOS

・電話をかけるiOSデバイスから電話をかけるには、取引または連絡先のページを開いているときに、リストされている番号の横にある緑色の電話アイコンをクリックします。 ・通話記録有効にすると、通話が終了するとすぐに、発信通話をアクティビティとして記録するように求められます。 ・発信者-IDIOSアプリの発信者IDには、連絡担当者の下のPipedriveアカウントに番号が存在する限り、発信者とリンクされた組織名が表示されます。

 

Android

※注意: Androidデバイスから電話をかけるには、最初にPipedriveモバイルアプリからの通話を有効にする必要があります。

・電話をかける: Androidデバイスから電話をかけるには、取引または連絡先の詳細ページに移動して、電話のアイコンを押します。 ・通話の記録: 通話の記録を有効にすることで、着信と発信の両方の通話をアクティビティとして記録できます。発信通話は、 Pipedriveアプリの内部と外部の両方からログに記録できます。 ・発信者ID: 発信者IDを有効にすると、既存の連絡担当者の下のPipedriveに番号が存在する限り、画面に発信者の名前、会社、および取引情報を表示できます。 ・不在着信: 既存の連絡先からの不在着信は、不在着信通知を残し、「コールバック」または「アクティビティの追加」を選択して、将来の日付の通話をスケジュールできます。

 

■Webからモバイルへ ※注意: Web-to-mobileを使用する場合、発信した通話は通常の電話料金に請求されます。

Web-to-mobileを使用すると、数回クリックするだけで、PipedriveWebアプリから直接モバイルデバイスで通話を開始できます。

Web-to-mobile機能を使用するには、デバイスにPipedriveアプリをインストールする必要があります。セットアップが完了すると、通話を開始すると、モバイルデバイスのPipedriveモバイルアプリから、通話がWebアプリから開始されたことを通知する通知が届きます。通知をクリックすると、モバイルデバイスで通話を続行するオプションが表示されます。

 

■マーケットプレイスアプリ Pipedrive Marketplaceは、多くのサードパーティアプリとの電話ソリューション統合も提供します。以下に、最も人気のあるマーケットプレイスの通話ソリューションとなります。

・Kixie Pipedriveから電話をかけ、完了した通話を自動的に記録・追跡します。 ・Aircall Pipedriveから電話をかけ、完了した通話を自動的に記録します。 ・Toky PipedriveからTokyに連絡先やリードを同期し、PipedriveにTokyからの電話を記録することができます。 ・JustCall Pipedriveから電話やSMSメッセージの送受信ができます。完了した通話やメッセージの記録と追跡できます。 ・Circleloop Pipedriveの連絡先を同期し、Pipedriveのアカウントから電話をかけ、自動的に通話を記録します。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩