アプリパネル

Last updated on February 24, 2022

Pipedriveのマーケットプレイスを利用して、Pipedriveと様々なアプリケーションやプラグインを統合し、営業チームの力を強化することで、確実に成功に導くことができます。これらのアプリケーションの多くは、アプリパネルを使用してPipedriveアプリから直接アクセスできるため、タブを切り替える必要がなく、Pipedriveが提供する統合機能を最大限に活用することができます。

アプリパネルは取引と連絡先の詳細ページの右側にあり、サードパーティアプリから取り込んだ最新の連絡先または案件固有の情報を提供し、Pipedriveアカウントで直接サードパーティアプリにアクションを起こすことができます。

 

■アプリ一覧とインストール 現在、以下の7つのアプリが、取引と連絡先の詳細ビューにアプリパネルとして追加されます。 JustCall アウトファンネル PandaDoc ゲーミフィケーション CircleLoop クレンティ サルスパネル

選択したアプリがまだアカウントにインストールされていない場合は、Pipedrive Marketplaceに移動し、Pipedriveアカウントと接続します。複数のMarketplaceアプリを設定している場合、それぞれのアプリに個別のパネルが表示されます。

※注意: 各ユーザーは、アカウントにパネルを表示するために、別々にアプリをインストールする必要があります。

 

■アプリパネルの管理 初めてアプリをPipedriveと連携させる場合は、アプリパネルのアクティブ化ボタンをクリックして、パネルを有効化する必要があります。

アプリパネルのデータはしばらくキャッシュされるので、最新のデータを見たい場合は、更新ボタンをクリックします。 パネルタイトルの下に最新の更新時刻が表示されます。 統合からの情報は、常に関連性があるとは限りません。詳細ビューで作業していて、アプリパネルの情報を非表示にする場合は、[折りたたみ]ボタンをクリックします。

[パネル設定]をクリックすると、オブジェクトが既存のフィールドと一致する場合にパネルを自動展開または折りたたむように設定し、表示または非表示にするフィールドを選択して、順序を並べ替えることもできます。

[すべてのフィールドを表示]をクリックすると、非表示のフィールドを含む、使用可能なすべてのフィールドを表示できます。

詳細ビューからアプリパネルを削除するには、パネルの「...」ボタン > パネルを削除をクリックします。

※注意:パネルを取り外した後に復元する場合は、アプリを再インストールする必要があります。

 

■アプリの動作 アプリパネルで「...」ドロップダウンをクリックすると、アプリ固有のアクションも表示されます。これらのアクションはサードパーティアプリ側で設定され、Pipedriveから直接サードパーティアプリのアクションをシームレスに行えるようになります。

各アプリパネルには1~5個のオブジェクトを表示することができます。各オブジェクトの内容は、インストールされているアプリによって異なります。例えば、PandaDocを使用している場合、その取引や連絡先にリンクされている各文書は、PandaDoc Panelのオブジェクトになります。

パネルに5つ以上のオブジェクトがある場合(例えば、取引にリンクされている6つのPandaDoc文書)、アプリ開発者が統合にこのオプションを含めることを選択した場合、追加のデータを表示するためにサードパーティアプリに移動します "詳細を表示" オプションが表示される場合があります。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩