Googleカレンダーと同期する

Last updated on February 22, 2022

※注意:この記事は、Pipedriveの以前の機能であるGoogleカレンダー同期について言及しています。よ外部カレンダーを最近のカレンダー同期機能に接続するには、現在のカレンダー同期の接続を解除して再接続するだけです。

 

Googleカレンダーと同期すると、PipedriveアクティビティをGoogleカレンダーで表示したり、その逆を行ったりするなど、Pipedriveワークフローにいくつかのメリットをもたらすことができます。

 

PipedriveのアクティビティをGoogleカレンダーと同期させる

※注意: まず、GoogleアカウントがPipedriveに接続されていることを確認します。

PipedriveアカウントとGoogleアカウントが接続がすると、Googleカレンダーと同期することができます。 ・設定 > カスタマイズ > 個人 > 接続 > Googleカレンダーに移動します。 ・Google Calendar Syncを有効にして、PipedriveをGoogle Calendarと同期させます。 ・次のカレンダーと同期するエリアで、目的のカレンダーをドロップダウンから選択します。

※注意: 既存のGoogleカレンダーとの混乱を避けるため、Googleで独自のPipedriveタスクカレンダーを作成することをお勧めします。

 

・GoogleカレンダーとPipedriveの間ですべてのイベントを同期させる。 GoogleカレンダーとPipedriveを接続する際にこのオプションを選択すると、Pipedriveからではなく、GoogleカレンダーからPipedriveアクティビティを追加するオプションが表示されます。 このオプションを使用すると、営業活動を追加する際に、すべての活動を簡単に一箇所で確認することができ、ダブルブッキングを防ぐことができます。 しかし、Googleを通してアクティビティをPipedriveの取引、連絡先、組織と関連付けることはできません。代わりに、シンプルな「タスク」が表示され、後で取引先、連絡先、組織と関連付けることができます。 ・Pipedriveから追加されたイベントのみ同期します。 このオプションを選択すると、Googleカレンダーに追加した予定はPipedriveに反映されません。その代わり、Pipedriveでアクティビティを追加すると、Googleカレンダーのイベントが追加されます。 ただし、Pipedriveで追加したアクティビティがGoogleカレンダーに反映されたら、Googleから直接イベントの時間を変更するなどして、Pipedriveに反映させることができます。

保存をクリックすると、PipedriveとGoogleカレンダーが同期されます。

また、右上に表示される「同期されていないアクティビティをアップロードする」ボタンをクリックすると、以前からあるアクティビティをすべてGoogleと同期することができます。そうしないと、これから追加されるアクティビティだけがGoogleカレンダーと同期されます。

※注意: Pipedriveに同期する前のGoogleカレンダーのイベントがある場合、Pipedriveに認識されてアカウントに同期される前に、Googleカレンダーで何らかの編集をする必要があります。

 

覚えておくべきいくつかのこと: ・Google Calendarのイベントのタイトルは、デフォルトで次の式になります。[取引タイトル] > [担当者] > [組織] > [活動内容]。 ・GoogleカレンダーまたはPipedriveのアクティビティに追加された添付ファイルは、対応する同期されたアイテムには追加されません。

 
質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩