Googleドライブとの同期

Last updated on February 22, 2022

Googleドライブ同期を利用すると、Pipedriveにアップロードした添付ファイルやファイルの保存先として、Googleドライブを利用することができます。また、Pipedrive内で新しいGoogleドキュメントを作成したり、Googleドライブの既存のドキュメントをPipedriveのアイテム(取引、人、組織)にリンクしたりすることができるようになります。

※注意:取引や連絡先にアップロードされた添付ファイルやファイルはGoogle ドライブに保存できますが、メールの添付ファイルは保存されません。これらはPipedrive独自のストレージシステムでホストされます。

 

■Googleドライブを使用する理由 ・アクセシビリティ:Googleドライブの同期を有効にすると、すべてのファイルがGoogleドライブに保存され、Pipedriveのインターフェイスからアクセスできるようになります。 ・効率性:同じファイルをPipedriveで複数回リンクできるため、ドキュメントの最新バージョンが常に添付されます。 ・簡単なインライン編集:アップロードしたファイルをGoogleドキュメントに変換して閲覧・編集することができるため、ファイルをダウンロードして別のソフトウェアで開く必要がありません。 ・簡単なインライン作成:インラインで新しいGoogleドキュメントを作成することができます。

 

■Googleドライブと同期する Googleドライブとファイルを同期させるには、 ・個人設定(右上の自分の名前をクリック) > Google Driveで同期オプションにアクセスします。 ・[今すぐ接続]を選択して、Googleドライブアカウントに接続します。 ・Google Driveを使用するオプションで[はい]を選択して、同期機能を有効にします。 ・PipedriveのファイルをGoogle Drive上の別フォルダに保存するかどうかを選択します。 ・社内の他のPipedriveユーザと全てのGoogle Driveファイルの共有を有効にするかどうかを選択します。

※注意:ファイルをアップロードする際に、「共有」オプションのオプションがあることに気づかれると思います。これにより、社内のPipedriveメンバーであれば、デフォルトでPipedriveに添付された全てのファイルに対して読み取りと書き込みのアクセス権を持つことができるようになります。

Google Driveでは、以下のプライバシー設定を利用できます。 ・表示のみ:すべてのPipedriveユーザーがファイルを閲覧できるが、編集はできないようにしたい場合は、「閲覧可能」または「コメント可能」に設定します。コメント可能」は、他のユーザーがあなたのファイルにコメントを残せるようになります。 ・非公開:取引に添付された特定のファイルを非公開にしたい、または読み取り専用にしたい場合は、Google自体で共有の許可を編集する必要があります。この場合、ファイルはPipedriveのファイルキューに表示されますが、他のユーザーはファイルを開くことができません。

 

■新規ファイルの追加 ※注意:Google Driveから取り込んだ、またはGoogle Driveに保存されたドキュメントは、PipedriveではなくGoogle Driveに保存されます。つまり、Google Driveからファイルが削除されると、Pipedriveからも削除されます。

取引、組織、人の連絡先のうち、1つの詳細ビューの[ファイルのアップロード]タブに移動します。Google Driveの同期を有効にする前の「コンピュータからアップロード」オプションだけでなく、いくつかのオプションがあることがわかります。

・コンピュータから選択します:コンピュータから選択:コンピュータから直接ファイルをアップロードすることで、Pipedrive内にファイルが保存され、Google Driveに移行されます。 ・Google Driveからインポートする:Google Driveに保存されているファイルを追加します。ファイル名の入力を始め、見つかったら選択するだけです。 ・新規作成:Google Driveで一からファイルを作成し、PipedriveとGoogle Driveの両方に一度に自動保存します。

Google Driveでファイルを作成・追加した場合、ファイルをクリックするだけで、Pipedriveから直接ファイルを閲覧・編集したり、他のPipedriveユーザーがPipedriveから直接ファイルを閲覧・編集することが簡単にできます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩