Google スプレッドシートのデータをPipedriveの新しい取引として追加する

Last updated on February 25, 2022

Googleスプレッドシートのデータを直接Pipedriveの案件に追加したい場合は、Zapierを使用すると可能です。

以下のものが必要です。 Google Docsのアカウント Pipedriveのアカウント Zapierのアカウント

・アカウントの準備 Google シートを Zapier に接続するために、この目的のために新しいシートを作成していることを確認します。

Google SheetsのアカウントとPipedriveを連携させるには、アクティブなPipedriveのアカウントが必要です。 ・アカウントの接続 ここをクリックして、Googleスプレッドシートに新しい行をPipedriveの新しい取引として保存します。

アカウント一覧からGoogle Sheetsのアカウントを選択するか、新しいアカウントを接続します。 使用するスプレッドシートとワークシートを選択します。

アカウントのリストからPipedriveアカウントを選択するか、新しいアカウントを接続します。 新しいPipedriveアカウントに接続するには、Pipedriveアカウントの[設定]> [個人設定]> [ API ]に移動して見つけた個人APIトークンをプラグインする必要があります。

Googleスプレッドシートのフィールドを使用して、使用するタイトルを作成し、取引のステータスを選択します。

[保存して終了]をクリックします。

次に、Zapをテストして、機能することを確認します。満足している場合は、Googleスプレッドシートのドキュメントに入力された新しいデータが、Pipedriveアカウントに新しい取引として追加されます。

※注意:このPipedriveとGoogle Sheetsの統合を変更したい場合は、Zapierダッシュボードに移動して、必要なものを微調整してください。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩