Pipedriveの統合:Asana

Last updated on February 24, 2022

※注意:この操作は、管理者のみで行うことができます。 チームから、別のツールを使っている別のチームへデータを転送する必要がある場合があります。 仕事でも生活でも、すべての人がPipedriveを使うことを望んでいますが、仕事によってはPipedriveが最適なツールでない場合もあります。

別のツールがチームの別の部分に適している場合、それらを連携させるためにZapierのような別のプロセスやツールが必要になることがあります。 ただし、別のチームが使用しているツールがAsanaの場合は、Pipedriveの統合に問題があります。

統合を有効にするには、MarketplaceのAsanaページに行き、指示に従ってアプリをインストールします。

Asanaアカウントが接続されたら、ルールを作成する必要があります。 このルールは、PipedriveからAsanaに情報を取得するためのトリガーとして機能します。このルールで利用可能なトリガーは ・取引が成立した ・取引が失注した ・取引が特定のステージに移動した

PipedriveからAsanaに情報を転送するトリガーとなるイベントを設定したら、作成したAsanaタスクにどのデータを転送するかを選択する必要があります。 現在、転送できる情報は... ・取引ータイトル ・取引額ー価値 ・人物詳細 ・組織の詳細 ・固定されたメモ

情報を Asana に転送したくない場合は、取引ータイトルを除くすべてのオプションをオフに切り替えることができます。 取引にはタイトルが必要なため、その情報をオフにすることはできません。

これらの変更を保存すると、ルールの基準を満たすすべての案件で、指定した情報を含むタスクが Asana 内に作成されるため、チームは案件を効果的にフォローアップできるようになります。

※注意: 現在、Pipedrive と Asana の統合は 1 つのルールにのみ対応しており、一方通行です。企業の Pipedrive アカウントに複数の管理者ユーザーが存在する場合、各管理者ユーザーは独自のルールを作成でき、1 つの企業の Pipedrive アカウントで複数のルールを同時に作成することが可能です。 無料版のDeepL翻訳(www.DeepL.com/Translator)で翻訳しました。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩