Pipedriveの統合:Trello

Last updated on February 24, 2022

※注意:Pipedriveのアカウントを持っているTrelloユーザーのみ統合を利用することができます。

 

Pipedriveはリードが営業プロセスのどの段階にあるかを理解するのに役立ちますが、Trelloはそのプロセスの特定の段階で発生する可能性のある他のタスクを追跡するのに便利です。Trelloはコラボレーションツールで、プロジェクトをボードに整理し、何が作業されているか、誰が作業しているか、どこで何が進行中かなどを表示することができます。

PipedriveとTrelloの統合により、2つのシステム間で情報を同期することができます。Pipedriveの案件を元にカードを自動作成したり、取引、組織、人物をTrelloのカードに接続することができます。

 

■統合の設定 ※注意: このパワーアップを有効にするには、TrelloアカウントとPipedriveアカウントの両方が必要です。

PipedriveとTrelloアカウントの接続を開始するには、PipedriveマーケットプレイスのTrelloページに移動し、インストールに進むを選択してください。

Trelloページが表示され、Pipedriveをパワーアップとして追加することができます。パワーアップの追加をクリックして続行します。

ドロップダウンメニューから、Pipedriveに接続したいボードを選択し、[追加]をクリックして先に進みます。

その後、[ボードに移動]]をクリックすることができます。Trelloボードに移動し、パワーアップの下にあるPipedriveをクリックします。ドロップダウンから、[Pipedrive]と[アカウントの承認]をクリックします。次に、[Pipedriveアカウントをリンクする]をクリックします。

新しいウィンドウが開き、TrelloにPipedriveとの接続を許可することができます。続行するには、[許可してインストール]をクリックします。

インストールが完了したら、TrelloボードメニューからPipedriveパワーアップをクリックし、Pipedriveのパーミッションを取得するオプションを表示させます。これをクリックすると、PipedriveがTrelloアカウントにアクセスできるようにするためのページが表示されます。

許可をクリックし、PipedriveにTrelloへのアクセス許可を与えてください。これで、アカウントがPipedriveとTrelloによって接続および検証され、統合の使用を開始できるようになります。

 

■自動作成とPipedriveのフィールド設定 ・自動作成の設定

自動作成を設定するには、Trelloのボードメニューから、Pipedriveを選択し、パワーアップ設定を編集してください。その後、ボードのルールを設定することができます。

Trelloでカードの自動作成を設定するには、3種類のルールに基づいて行います。 ・取引がPipedriveに追加された時 ・取引がパイプラインステージに入ったとき ・取引の獲得または失注が決定したとき

上記のいずれかを選択することができますが、1つのTrelloボードに設定できるルールは1つだけです。そうしないと、パワーアップで設定した類似のルールから、同じボードに重複してカードが表示される可能性があります。

 

・Pipedriveのフィールド設定

Pipedriveのフィールド設定を選択することで、Pipedriveのアイテムをリンクする際に表示するフィールドを最大20個まで選択することができます。

最大20項目なので、20項目に達した時点で項目を追加する場合は、チェックを外す必要があります。

※注意:アクティビティまたはノートを選択した場合、最新の3つの項目が表示されます。

 

■アプリの動作とアプリパネル Pipedriveからボード、リスト、カードなどのTrelloアイテムを簡単に作成することができます。

詳細ビューの左側にあるアプリパネルから、3つの点(...)をクリックすると、Trelloでカードを作成するためのオプションが表示されます。

取引の詳細ビューで右上の3つの点(...)をクリックし、ドロップダウンメニューから[Trelloで作成]を選択します。

新しいウィンドウが開き、Trelloに作成するアイテムの種類を選択することができます。

Trelloから、カードをPipedriveに接続することも可能です。接続したいカードをクリックし、パワーアップセクションでPipedriveを選択し、カードに接続する取引を選択することができます。

その後、TrelloアプリパネルでPipedrive取引にリンクされたカードが表示されます。

 

■可視性 ※注意: 他のTrelloボードメンバーは、ボードを一般公開したり、新しいメンバーを招待して表示させることができます。

Trelloボードの全メンバーは、Pipedriveアカウントを持っていなくても、そのボード上のPipedriveデータを見ることができます。Pipedriveアカウントを持たないTrelloボードのメンバーは、Pipedriveの情報を追加、編集、削除することができません。

PipedriveからTrelloアプリを削除した場合、TrelloボードにPipedriveのデータが表示されなくなります。この場合、アカウントを再認証する必要があります。PipedriveでTrelloが削除された後、関連するTrelloカードにアカウントを再認証するためのリンクが表示されます。

※注意: 異なるユーザーがTrelloの同じPipedrive取引にカードを追加できるため、各ユーザーは自分自身が取引にリンクしたデータのみを見ることができます。

 

■ワークフロー自動化機能におけるTrello Pipedriveのワークフロー自動化機能を利用することも可能です。自動化を作成する際、アクションの1つとしてTrelloを選択することができます。 アクションとしてTrelloを選択すると、Trelloボード、リスト、カードの作成という3つの可能なイベントから1つを選択することができます。

次に、このアクションで変更するフィールドを選択することができます。

ワークフローの自動化が開始されると、選択したイベントがTrelloで実行されます。

 

・テンプレート

Trelloをワークフロー自動化テンプレートで使用することもできます。[ワークフローの自動化]> [テンプレート]> [ Trelloで作成]に移動すると、使用できる3つの作成済みテンプレートが表示されます。

 

■トラブルシューティング Trelloとの統合に関するトラブルシューティングは、アプリの再インストールをお試しください。アプリを再インストールする際、アプリを再度有効にする前に、個人設定を削除するを選択してください。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩