Pipedrive統合:Aircall

Last updated on February 24, 2022

※注意: 管理者ユーザーのみが、Pipedrive企業アカウントでAircall統合を設定できます。 Aircall は、世界中の企業の電話操作を設定および管理するために設計されたアプリです。具体的には、PipedriveとAircallの統合により、ユーザーはAircallの機能を使ってPipedriveから電話をかけることができるため、生産性を維持するためにPipedriveでのワークフローを中断する必要がありません。

この統合は、すべての受信/発信通話とボイスメールをPipedriveのアクティビティとして記録し、Pipedriveデータベースの既存の連絡先電話番号に一致しない電話番号に電話をかけると、自動的に新しいPipedrive連絡先を生成します。

始める前に、Aircallに新しいアカウントを登録(および確認)する必要があります。

・Aircallのウェブサイトにアクセスします。 ・電子メールアドレスを入力して、新しいアカウントを登録します。 ・提供された電子メールアドレスに電子メールで新しいアカウントを確認します。 ・Aircall Webアプリで会社の電話番号を追加します。

アカウントの登録が完了したら、AircallとPipedriveの接続を開始します。 ・[統合]> [ AircallWebアプリで他の統合を検出する]に移動します。 ・[パイプドライブ]> [インストール]をクリックし、統合する番号を選択して、[次へ]をクリックします。 ・プロンプトが表示されたら、PipedriveURLとPipedriveAPIトークンを入力します。 ・Pipedriveがアクティブな統合として表示されていることを確認します。

Pipedriveでクリックダイヤルを設定するには、まずPipedriveの会社のツールとアプリ>発信者>個人で、以下のようにデフォルトの通話方法を「web+aircall:[番号]」に設定する必要があるようです。

 

Pipedriveで電話番号をクリックすると、ブラウザからAircallをデフォルトの通話プログラムにするように求められます。

確認すると、Aircallを使って Pipedrive でシームレスに電話をかけることができるようになるはずです。

この統合により、Pipedriveで通話を完了または進行中のアクティビティとして記録することもできます。AircallウェブアプリでPipedriveインテグレーションをクリックすると、それぞれの通話で作成するアクティビティの種類を設定することができるようになります。

Pipedriveユーザーを同じAircallアカウントに招待し、社内の全員がAircallを使って電話を受けたりかけたりすることができます。Aircallに追加ユーザーを招待するには、Aircallのチームセクションに行き、「チームまたはユーザーを作成する」をクリックします。

これらのユーザーにはメールが送信され、Aircall デスクトップアプリケーションをインストールするよう促され、会社の電話番号を使用した電話の受信と発信を開始するように求められます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩