「地図に表示」機能

Last updated on February 3, 2022

PipedriveはGoogleマップと統合されているため、住所フィールドに応じて地図上で取引や連絡先を可視化できます。

[地図に表示]機能は、デフォルトの組織の住所フィールドと、取引、組織、人の下にある任意の住所タイプのカスタムフィールドの住所をジオロケーションで表示しkます。住所フィールドが列として適用されている限り、リストビュー、またはアイテムの詳細ビューで地図上に表示機能にアクセスすることができます。

 

■地理的に配置されたアドレスの表示 リストまたは詳細ビューで地理的に配置された住所をクリックすると、Googleマップのウィンドウが表示され、選択した住所が地図上にプロット表示されます。ここから、Googleマップアプリの使用方法と同様に、ズームインまたはズームアウトして、デフォルトまたは衛星設定で場所を表示するかどうかを選択できます。

Notion image
 

■近くの組織を表示する 選択した組織の近くにある組織を表示するには、地図の下部にあるフィルターを調整して、特定のマイルまたはキロメートル内のすべての組織を表示できます。

Notion image
 

■位置情報のフィルタリング リストビューでは、レポートの作成のために、特定の条件を満たす住所のフィルターを作成できます。たとえば、東京都渋谷区に住所を持つすべての組織をフィルタリングする場合は、次のフィルタをリストビューに適用します。

Notion image

次に、[ ...]> [地図に表示]をクリックして、Googleマップウィンドウでフィルタリングされた住所のレポートを取得できます。

 

※注意: [地図に表示]機能は、デフォルトで最大100件の住所を表示します。100件以上の住所がある場合は、最初にリストの一番下までスクロールしてすべての組織を読み込んでから、[地図に表示]をクリックします。

GoogleマップはPipedriveのモバイルアプリにも統合されており、外出先でも利用することができます。

質問の答えになりましたか?
😞
😐
🤩